唯一のコアラがイギリスに

日本国内では大阪で飼育されていた唯一のコアラがイギリスに貸し出されることが決まったそうです。
譲渡じゃないのでいずれは帰ってくる可能性もありますけど、コアラの餌であるユーカリが1年間で3000万円もかかるのであればむずかしいでしょうね。
当たり前ですけど人間の一年間の消費よりも高い。
動物園が維持できなくなるのもわかります。
ただ、このコアラ問題よりも、私は餌のユーカリを育てていた業者さんが不憫でなりません。
ユーカリは毒性が高くてコアラしか食べない。
台風の影響を考えて何か所かで飼育していたそうですけど、取り引きがなくなってしまってこの業者さんはどうするのかなと心配になりました。
仕事が突然なくなってしまったら誰だって困りますからね。

その時に読むべき本

最近、読む本読む本みーんなつまらない。
いや、そんなことは前からあったことではあります。
読む本がいつも気に入るなんてことはないですからね。
けっこう前に読んだ本で主人公の趣味が読書であるという人がいました。
私なんかはネット購入ばかりですがその主人公は書店に行って買う人でした。
書店をうろうろしていると、その時に読むべき本が光って見える。
そしてその本を購入すると間違いはないそうです。
これを読んで物凄く羨ましくなりました。
読んでも自分好みではない本ほ方がいっぱいですからね。
もちろんその主人公もそんな本との出会いは一か月に一回あるかないかってくらいみたいですけども。
本好きでも読みたい本を見つけるのって大変ですからね。

猫と一緒に暮らしている人が羨ましい病

猫と一緒に暮らしている人が羨ましい病に定期的になります。
だってあんな可愛い生き物が自由に闊歩しているなんて・・・
ただ、ふと気が付いたんですけど、冬だろうと夏だろうと私は自分の部屋のドアは絶対に開けっ放しにはしないので飼ったとしても私の部屋にはきてくれないということです。
それじゃ、ダメじゃん!と。
いつの間にかそばにいるとかって憧れだけどそれはないということで、本格的にあきらめることに成功しましたよ。(笑)
羨ましいことは羨ましいけど、猫の毛がどこにでもついているのはやっぱり嫌なので私自身がダメですね。
だって痒くなるから仕方がないんですよ。
愛情の差ではないと言いたいけど、ダメなものはダメだってことですね。

混乱が予想される会議

大坂で開催されるG20。
2日間は配送なども混乱するそうです。
通販をよく利用するので、その日の到着は無理と聞き周辺の人は少々難儀だなと思いました。
しかし、それだけではなく、保育園などの機関も休みになるということを知りました。
そうなってくると平日に我が子を預けることが出来ない親御さんがたくさん出てきてしまいます。
先日の10連休でもこの話題はありましたよね。
政府は日本国民の生活についてどう考えているんでしょうかね。
少子化対策はしているんだかしていないんだか、わかったもんじゃありません。
子供を育てる人達の手伝いをしないでどうするんでしょうか。
国は子供を増やす直接的なことはできません。
でも増やす手伝いはするべきなのに反対なことばかりです。

壊してストレス発散

10畳ほどの部屋の中には100点以上のものがあり、そのなかで壊してストレス発散する。
海外でこの手のモノが流行っているのはネット記事だかで見た事がありますね。
安全のために服を着替えて専用のヘルメット着用をします。
廃品回収業者からあつめた家電などで、壊れたものはスタッフが分別して廃棄する。
バッドでマネキンを叩き続けるとかやりたいですか?
なんか見ていると猟奇的なシーンばかりで怖いです。
ストレス発散っていっても、これはどうかと思いますよ。
犯罪につながらないように、抑止力になるってことはあるんでしょうか?
人にもよるのかな。
壊して良いものじゃ物足りなくなったりしたら、逆効果ですよね。
安全のためにつなぎみたいな洋服を着て、シールドのあるヘルメットをつけてというのが日本らしくてかっこわるいですね。

高齢者が起こす車の事故

高齢者が起こす車の事故については腹立たしいと共に、いつ何時自分が加害者側の家族になるかもわからないという恐怖があります。
両親が健在でまだ車の運転をしているとなると、誰もが同じような気持ちなんじゃないでしょうか。
事故を起こした人は必ずブレーキがきかなかったといいますよね。
本人がブレーキだと思っていたものはアクセルだったということです。
車は高い買い物だけど、もうこれは制御不能になってしまった時にアシスト機能がある車じゃないと乗ってはいけないというくらいにしないと駄目ですね。
被害者を出すにとどまらせるくらいの、死者を出さないということを目的とした機能が必要です。
高齢者じゃなくても踏み間違いは起こっていますからね。

ぬいぐるみのサイズ

フィギュアスケートのザキトワさんに送られた秋田犬のマサル。
たびたび話題になっていますよね。
大きくなってもモコモコのふわふわでとても愛らしい姿です。
薬剤師OさんがTwitterにそのマサルモデルのぬいぐるみをUPしていたんです。
「マサル」ネーム入りなのですぐに公式のものなんだろうなと思いました。
ちょっと検索したらや、やっぱりありました。
公益社団法人秋田犬保存会秋田犬マサルぬいぐるみ。 
7、334円だったので高いなと思って聞いてみたら、私が見ていたのは座りLサイズでした。
座りMサイズは税込みで2700円でこちらを買ったそうです。
私はぬいぐるみはホコリがつくし苦手ですけど、とても可愛らしいものでちょっとうらやましくなりましたね。

10何年振りかに映画館

10何年振りかに映画館に行きましたよ。
見た映画は「12人の死にたい子どもたち」です。
映画化が決まったあとに原作を読みました。
たしか去年の10月とかですかね。
映画を見た感想としては、原作とほとんど同じということですね。
前評判が悪かった気がしたので、どんなに変更になっているかなと思ったのに。
帰宅してその評判を見直したら、原作と違うところの批判ではありませんでした。
12人の中で殺人がはじまるみたいに思った人や予告がそっち方向だったらしくて、そういう予想をしていた人には不評だったみたいですね。
私はおかしな具合に変更されることもなくてとても良かったです。
“犯人”は知っていたのでその人を注目していたら表情がうつらないカメラワークでしたね。

女性のからだ

女性のからだ、というのは本当に本当に不便です。
生理がいつくるかで予定も気持ちもかわります。
男性にはわからないことですよね。
一か月の内に具合が悪い日が必ずくるんですから。
予定に重なるか重ならないかでイライラもしますし。
アスリートや何かしらの試験やらにプレゼンやら、動かせない日がある人だって困りますよね。
生理がくるはずの日はだいたいわかりますけど、すでに体の異変ははじまっているのに目に見える開始のしるしがなかなかない時も嫌な気持ちになっています。
翌日に直撃すると困るという前日、すでにお腹も痛いしトイレにいけばくだっている状況なのにまだとか本当に腹が立ちます。
はじまったらそれでまた大変ですしなんでこんな試練をくれるんでしょうか。

物凄い小さなこと

物凄い小さなことだし無駄なことだと分かってはいますけど、まさしく今現在我慢していることがあります。
それはトイレを我慢することです。
明日、健康診断があるんですよ。
でもそこの病院では、朝病院に行ってから検尿があるんです。
つまり当日の朝はトイレに行くことができません。
去年、大きい方だけをしようとしたけどそんな器用なことが出来るはずもなくて小もしてしまいました。
飲み物をたくさん飲んでから病院に行きましたけど、既定の量まで出すのにとても苦労しました。
やはり朝は自宅でトイレに行くわけにはいきません。
そうすると大を体の中に残したまま体重測定をすることになります。
それは困ります。(笑)
だから前日の夜に出せるように今の内は出さないよう我慢しているのですが限界かもしれません・・・。