時代小説を読み始める

少し前からまた時代小説を読み始めました。
シリーズもののせいか、前に読んだときよりも痛感したのは簡単に人は殺されてしまうし、犯人を捕まえるのも大変だわ、すぐに調査は終了となったりして、被害者遺族はたまったものではないなということです。
本当にあるのかないのかはわかりませんけど、現在だって警察幹部にコネが効くとか警察関係者が悪事を働いたら隠蔽されるシーンはあります。
でも時代小説の中ではかんたんに、お役人の判断で犯人を追わないとなっているように見えます。
ちょっとした目撃者とか着物が一緒ということだけで間違って殺されたりして。
今だって大変だけど一人親になってしまい、子供を育てている内に病に倒れてみなしごになる子も多くてちょっと陰鬱なことが多いです。

自称サバサバおんな

自分のことを「サバサバした女なの」とか言う人にろくなひとはいないなと思います。
経験談とあとは芸能人の発言でそう感じました。
そもそも自分で自分を美化した言い方じゃないですか。
自分で言わなくてもサバサバしているように見える人は見えます。
でもそれはその人にとっては褒め言葉でもない気がしますよ。
美人や可愛い部類に入る人達が女性的なところを打ち消すためのアピールでしょうね。
それって逆効果にしかなっていない気がします。
私がひねくれた見方をしている可能性もありますけど、ああ、この人こんなことを言うんだなって幻滅します。
実際の私は違うんですって言われても・・・。
私はあまり敏感ではありませんけど明らかに整形しているように見える人で、宇宙人のようになっている人が言っているのを見て気持ちが悪くなりました。

なかなかヘビィな話し

本のタイトルに「探偵」と入っているので探偵の話しかと思ったらちょっと違っていた本を読みました。
探偵だけど職業が「探偵」ではないってあんまりみかけないタイプのような気がします。
主人公は30代後半でコンビニアルバイト。
最初は探偵業では稼げないのでコンビニでも働いているのかと思いました。
彼は元銀行マンでしたが、外科医の妻が他に恋人をつくって小学生の息子と夫を捨てて依頼仕事も辞めてしまいました。
息子にご飯を食べさせたりはするけれど夜中は自分の時間と飲み歩いています。
ある日、猫探しをしてあげたところその噂が広まってしまい、行方不明の少女探しをすることになります。
最初は猫探偵だけで終わるのかと思ったらなかなかヘビィな話しでした。

毎日辛いニュースばかり

毎日辛いニュースばかりです。
家に閉じこもるのは得意だし、いつも通りみたいなものだから苦痛ではありません。
でもこの世の中に蔓延するウィルスと辛く悲しいニュースに押しつぶされそうな感じはあります。
なんとなく具合が悪いと言い難い雰囲気の中、先週から胃が痛いです。
コロナの症状ではないけれど、体調が悪いとなると周りの人も警戒しますよね。
それに加えて、明るい話しがない状況。
こんな風になっている人はおそらく全世界にたくさんいそうです。
このままズブズブと暗い気持ちでいたら、コロナに負けるような気がします。
だから自分なりに、気持ちをあげていくべきだと思いますよ。
いつになるかはわかりませんけど、10万円ももらえるわけだしプチ贅沢するべきかな。

家の中の方が好き

同僚の薬剤師さんの中には子供さんがいる人がけっこういます。
高校生の息子さんをお持ちの人が、もう子供を家の中にとじこめておくのは無理と言っていました。
外出しないようにと言われても困るんでしょうね。
そもそも、野球部で運動大好きな男子高校生なので限界みたいですよ。
私なんて家の中の方が好きだから、全く苦痛じゃないです。
あ。そもそも歳が全然違うって?
いやいや。私にも女子高生だった時期はありますからね。(笑)
昔から外出するよりも自宅にいる方が好きな方でしたよ。
自分のいる空間があって、ネットに繋がるパソコンがあれば、いつだって何日だって引きこもっていられますよ。
運動しなければならないという危機感はありますが、引きこもりは得意です。

経験はないけど想像できる

福岡のエステサロンが予告もなく閉店したというニュースを聞いて、とても可愛そうだなと思いました。
そことは違い大手のサロンでしたが私も脱毛で通っていましたよ。
最初に何十万も支払ったので、もし自分がその状況で閉店されていたらと思うと怖いです。
一括コースで払わせるのは良くないですね。
はじめに払っておくほうが安いとかではなく、払うことが当たり前のコースでした。
一生懸命働いて一か月のお給料以上のお金を払ったのに中途半端で投げ出されたりしたら、誰をうらめばよいのやら。
おそらく夏までに終わらせたいというコースの人もいたでしょう。
経験していたからこそ、お金の被害に遭った人に対して同情心がわいてしまいます。
少しでも返金されるといいのですが…。

買い忘れあるある

帰宅時のことです。
雪が降るかもしれない天気予報が出ているけれど、寒いけれど、明日以降食べる食パンとかジャムがないからとお店に寄りました。
本当はスーパーの方がパンが豊富だけど、近場の薬局にしたんです。
あまり行かないけど、たま~に行く薬局です。
ある一種類の企業のパンしかないのは分かっていましたが、予想以上に買いたいパンがない。
枚数は欲しいけど値段がちょっと・・・
なんて悩みつつ決めて購入しました。
帰宅してから気が付いたんです。
ジャムを買ってない!ってことに。
一番の目的はパンでしたがその次はジャムだったんですよ。
これから天気が悪くなるから疲れていたけど強引にお店に行ったにの。
いつもその薬局でジャムは買わないので見過ごしていました。

原作は読まない方が良い

原作の小説が実写ドラマ化した場合、原作は読まない方が良いと思います。
ドラマはドラマだけしか見たことがない人ようの娯楽ですからね。
原作者のことがあまり好きじゃなかったので小説は読んでいなかったけれど、ドラマ化が決まったら読みたくなりました。
でもなんだかんだ言って、読まず、そしてドラマもはじまってしまいました。
こういうことはよくあるので、テレビドラマはあまり見ないです。
しかし!今は動画配信というのがあります。
海外ドラマのシリーズものを見ていたのに、廃止されてしまったので見るものが少なくなっています。
連続ドラマも終盤になっているので今更見るまでもない状況で、以前放送していたのが動画で見ることができる便利な世の中ですね!

座りっぱなしでいる時間

日本は座りっぱなしでいる時間がとても長い国なんだそうです。
座る時間と血流速度の変化はわかっています。
30分間で40%の血流が低下してしまうのです。
座りすぎでいると血流が低下するので心臓病、脳梗塞、糖尿病、がんにつながります。
WHOによると座りすぎによる死因は世界で200万人もいるようです。
オフィスよりも自宅の方が座りすぎの傾向にある。
週末だけ運動していても座りすぎによる死亡リスクは影響しない別問題だってことです。
必要な運動量は毎日60分運動するくらいの運動量。
それなら確かに週末だけではダメっぽいですね。
座ったままで膝伸ばし運動だけなど、小まめな運動が良いそうです。
一時間座っていたら立ち上がってちょっと動くだけで良いのでやってみましょう。

家庭以外のコミュニティ

家庭以外のコミュニティと言えば会社です。
そちらの人間関係がうまくいかなければ、収入は大切だけど辞めるのが一番でしょうね。
一年経過したけれど、辞めますと言っている同僚がいて困っています。
その人が辞めても引き継いで辞めるわけではないので、負担が大きいからです。
辞めるにしても引き継がないなんて無責任ですけど、そういう人っていますよね。
同僚の薬剤師Hさんと同じ仕事をしていたのですが、Hさん曰く「私のところにつく人はすぐに辞める」って。
正直言って、私もHさんとマンツーマン仕事をするのは辛いです。
あたりが強いというか、仕事なので口喧嘩にはならないけど、意見は取り入れてくれないところがあるのでこっちは困りますし。
私も辞めたいと思いましたよ。