テレビ観戦

フィギュア全日本選手権男子のショートプログラムを見ました。
今の日本男子は本当に激戦区、黄金期と言われていますね。
日本代表になれる人数は決まっています。
最高で3枠なのにそこに入るには難しい状態。
テレビでおなじみの人しか知らなかったのですがほかの選手ははじめて見る人ばかりでした。
いやあ、けっこうかわいい子がいましたね。
男子に対してかわいいこ発言するところが自分のおばちゃん度を疑いますけど(笑)
今日、印象深かったのは堀之内雄基選手です。
演技開始直前のジャンプでスケートのエッジが真っ二つに割れてしまいました。
基本的に予備の靴はないようですし、演技時間を超えてはならないルールのようで棄権になりました。
全日本には誰もが出られるわけではありません。
グランプリシリーズ上位のいつもの選手や西日本選手権、東日本選手権の上位選手に権利があるようです。
勝ち取った権利は演技をすることなく終了してしまい堀之内選手の目にも涙がありました。
残念です。でも演技中に割れていたら大事故に発展したかもしれません。
だから演技前でよかった、ついていると思います。
部外者のこんな言葉は薄っぺらいでしょうが、そう思って次につなげてほしいです。