10何年振りかに映画館

10何年振りかに映画館に行きましたよ。
見た映画は「12人の死にたい子どもたち」です。
映画化が決まったあとに原作を読みました。
たしか去年の10月とかですかね。
映画を見た感想としては、原作とほとんど同じということですね。
前評判が悪かった気がしたので、どんなに変更になっているかなと思ったのに。
帰宅してその評判を見直したら、原作と違うところの批判ではありませんでした。
12人の中で殺人がはじまるみたいに思った人や予告がそっち方向だったらしくて、そういう予想をしていた人には不評だったみたいですね。
私はおかしな具合に変更されることもなくてとても良かったです。
“犯人”は知っていたのでその人を注目していたら表情がうつらないカメラワークでしたね。

コメントは受け付けていません。